長野市の内科・呼吸器科・アレルギー科 医療法人甘利クリニック

Amari Clinic
院長ブログ ゆっくり急げ

院長ブログ

TOP  >  院長ブログ

先日、家内に誘われて高野登さんの講演を聴きに行って来ました。

高野さんは、リッツカールトンホテルの日本支社長を務めた方です。

現在は退職されていますが、

その経験を生かした著書は10万部を超えるベストセラーになっています。

 

さて、1時間ほどの講演の中で一番印象に残ったのは、

「仕事に対する報酬とは何でしょう?」と問われた答えでした。

一般的には、おそらくお給料など金銭的な報酬を思い浮かべるでしょう。

「仕事に対する報酬」・・・

お客さん商売をしているという、高野さんのお友達の答えは

「次の仕事」・・・だったそうです。

仕事の報酬は、次の仕事をいただけること・・

それを繰り返すことが、金銭的報酬や評判につながっていく

なるほど、当たり前と言えば、当たり前です。

 

しかし、私は今までそのような視点で自分の仕事を考えたことがありませんでした。

受診していただいた患者さんに、もう1度受診していただけること、

それが、定期受診であろうが、数年ぶりの受診であろうが、

次にまた受診していただけることは、

その前の診察の評価でもあるのでしょう。

 

開業医として、医師一人で診療をしていると、

自分自身を評価することは難しく、

自己満足に陥ったり、逆に厳しく過小評価してしまうこともあります。

 

その患者さんと、次にもう一度お会いできるかどうか・・は、

良い診療ができているかどうかの、

一つの目安になるように思いました。

 

追記

高野登さんは、長野市戸隠村出身です。

長野商業高校、ホテル専門学校を卒業後、

単身でアメリカに渡りホテル業界でご活躍されてきました。

世界各地のリッツカールトンホテルの立ち上げに関わり、

日本に進出するときにも責任者として支社長を務められたそうです。

高野さんは、以前に長野市長選挙に出られたことがありましたが、

地元企業のバックアップを受ける現職の市長に

わずかな差で負けてしてしまいました。

 

今回1時間に凝縮された理論的でわかりやすい講演をお聞きして、

あの時の市長選挙は、長野市の市政が、

代々続く地元の有力企業やその関連企業の

支配から脱するチャンスだったのでは・・・?と思い

つくづく残念に思いました。

 

==甘利内科呼吸器科クリニック==長野市==呼吸器内科==

 

 

 

 


続きを読む

これは最強の経営者と呼ばれる稲森和夫さんが

仕事への取り組み方でお話しされている言葉です。

稲森和夫さんは、京セラ、KDDIを創業した実業家で、

その手腕を買われ、破綻したJALの再生を任された方です。

ギリギリまで(土俵際まで)追い詰められて頑張るのではなく、

余裕を持って冷静に仕事をするようにという教えで、

いつも資金調達に走り回るようでは、

まともな経営や将来への投資は出来ないと言うことでしょう。

 

「土俵の真ん中で相撲を取る」

この考えはは病気の治療、特に継続的な治療が必要な

慢性疾患の治療には大切な考え方だと思います。

 

喘息のクスリが終わっているのに

「まだ症状が無いから大丈夫・・・」と受診を遅らせる人は多いですし、

糖尿病で血糖が高いけど

「特に症状が無いからついつい・・」と食べ過ぎたり、

お酒を飲み過ぎたりしてしまう人も多いです。

 

知らず知らずのうちに、少しずつ土俵際に追い込まれて、

結局入院が必要になったり、強いクスリが必要になったりしてしまいます。

そして、土俵際に追い込まれる習慣のある人は、

いつも土俵際になって受診される傾向がありますから、

一歩間違えて土俵の外に出てしまう場合もあるでしょう。

 

心理学者チャールズ・クーリーの言葉に次のような名言があります。

「明日はなんとかなると思うのは馬鹿者だ」

「今日でさえ遅すぎる」

「賢者は、すでに昨日のうちに済ませてしまっている」

 

そう、賢者は「土俵の真ん中で相撲を取っているのです」

 

==甘利内科呼吸器科クリニック==長野市==呼吸器内科==アレルギー科==


続きを読む

『喘息と診断された患者さんの33%は喘息ではなかった』

昨年のアメリカ呼吸器疾患学会で発表され、私が気になっていたデーターが、

早速今年の1月にJAMAという著名な医学雑誌に掲載されました。

医師に喘息として治療を受けた613名を1年間慎重に経過観察をした結果

203名(33%)が喘息ではなかったとのことです。

カナダで行われたこの研究は、15ヶ月間と短めで、

喘息ではないと診断された患者さんが、たまたま「喘息の寛解期」だった可能性もあり、

将来にわたって喘息ではないのか?疑問なところもあります。

しかし、医療先進国のカナダで出されたこのデーターは無視できず、

喘息の診断の難しさを表しています。

 

カナダのデーターでは、検査が行われたのは49%で、

半数の患者さんが症状と診察所見で診断されていました。

喘息や咳喘息の診断において、その症状の経過や診察所見が重要なのは当然です。

しかし、それだけに頼ると、どんなに熟練した医師でも間違うことがあり、

実際には喘息を否定された33%の患者さんの多くは検査を受けていなかったそうです。

 

喘息の検査としては、肺機能検査、呼吸NO検査、気道過敏性試験が重要になります。

そのうち発作を誘発する可能性のある気道過敏性試験は、

長野県内で行える施設は信州大学病院と長野赤十字病院の2箇所しかありません。

当院では肺機能検査、呼気NO検査を行うことができます。

肺機能検査は通常の肺機能検査に加えて、

Most-Graph という特殊な肺機能検査も行っています。

当院では気道過敏性試験は行えません。

しかし、今年のアレルギー学会誌に

「呼気NO値とMost Graphを行うことで、気道過敏性試験の結果を予測できる」といった論文も発表されており、

呼気NO検査とMost Graphを組み合わせることで

気道過敏性を推測することは、ある程度可能と考えております。

 

喘息は症状の変化や個人差も大きく、私もいつも診断に悩んでいます。

「この人は本当に喘息なのか?」お付き合いの長い患者さんでも、

時々過去のカルテを見ながら確認しています。

 

喘息の顔をした別の病気があります。

他の病気の顔をした喘息があります。

騙されないように、見逃さないように

自分の先入観や思い込みを捨てて

慎重に柔軟に診察をしていきたいと思います。

 

==甘利内科呼吸器科クリニック==長野市==呼吸器内科==アレルギー科==

 


続きを読む